スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

白ロムREGZA Phone(ISO4)


新品 IS04 ブラック 携帯電話 白ロム au(こちらから購入できます)


東芝から販売されているisoシリーズ。

所謂、全部入りスマートフォンでガラケーの機能は大体備わっている。
そのおかげで端末の動作は常に重く同時期の機種と比較してもスペックの低さが目に余る。

さらに様々な機能を追加したことにより本体価格は6万台を誇る、
そのくせ不具合だらけでキャリアのサポートも微妙という
過去最低クラスのAndroid端末といっても差し支えありません。

掲示板などではよく、どのスマートフォンにすればよいかと質問に対して
この端末が挙げられることがあるがネタまたは悪意しかないので気をつけよう。

とはいえ中古の白ロムをとりあえず格安で購入したい場合は若干オススメしてもいいかもしれない、
というのもスペックが悪く需要が低いのはいわずもがな
CMなどに乗せられて購入してしまった端末の中古市場への供給がとても多いのです。

おかげでこの端末の平均レートは8000円クラスという
正規での購入の7、8割引きクラスの価格で購入できるようになっています。

ちなみに現在Amazonの中古品は5000円を切っていますので買い時かも?(2012年10月14日現在)

なおwi-fi運用は当然といっても過言ですがそれでも正直EVOなどの方がオススメです(笑)

購入時の状態ではストレスと強制終了や強制再起動などしか生み出さないので
rootを取得しクロックアップ及びプリインアプリの削除などによるメモリ確保を推奨します。




スポンサーサイト

オススメ白ロム機種 HTC EVO 3D(ISW12HT)

HTC-EVO-3D-ISW12HT.png
白ロム 携帯電話 au HTC EVO 3D ISW12HT(ブラック)こちらから購入できます)

2011年秋冬モデルとしてauから販売された端末、
当時としてはスペックは高い方で現在でも十分通用するレベルです。

3D機能もついていますがカメラの性能がイマイチということもあり
オマケ程度に考えた方が良いかもしれません。
デザインは前作より横幅が細くなり持ちやすくなりました。

また最も魅力的といえるのが白ロムの価格の安さでしょう、
中古市場の相場は9000円前後で始めてのAndroid端末にももってこいです。

レビューを見てみる
価格.com
amazon

スペックまとめ
キャリア:au
OS:Android 2.3.4
CPU:デュアルコア1.2GHz
RAM:1GB
ROM:4GB
ディスプレイ:4.3インチ TFT液晶 マルチタッチ 静電容量式
解像度: 960×540 qHD
サイズ:126×65×12.05mm
重量:170g
カメラ:5MP×2(バックカメラ)デュアルLEDフラッシュ オートフォーカス 1.3MP(インカメラ)
動画:2D 1080pHD 1920×1080 / 3D 720pHD 1280×720
パケット通信:WiMAX, EV-DO Rev.A
SIM Slot:無し
通信:WiFi 802.11 b/g/n Bluetooth 3.0
センサー:A-GPS、Gセンサー、デジタルコンパス、接近センサー、光センサー
外部端子:microSD、microUSB、3.5mmオーディオジャック
バッテリー:1730mAh
その他:裸眼3D表示ディスプレイ(視差バリア方式)、MHL、DLNA対応



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。