スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Android端末でGBAのゲームをプレイする方法

今回は懐かしのGBAをAndroid上でプレイできるエミュレータ「Gameboid」の使用法を解説します。

DLは↓から
Gameboid

次にBIOSファイルを用意します、このサイトのリンク先なんかを参考にDLしてください。
DLしたファイルはAndroidの外部領域(SDカード)にコピーします。

またゲームをプレイするためのROMファイルも用意します、
ROMファイルはGBAのカセットから吸い出すかDLしてください。
入手したROMファイルはBIOSと同じようにコピーしておきます。

※現在ROMのDLに関しては法的に黒に近いグレーゾーンとも言える状況です、
 ROMファイル・BIOSファイルのDLは全て自己責任でお願い致します。
 またこのブログにある全ての記事は違法行為を助長するための物ではありません。

Gameboidをインストールさせたらアプリを起動します。
メニューキーを押しsettingsをタップ、GBA BIOS fileからBIOSファイルを選択。
これでROMファイルを選択できるようになりますので、
用意したROMファイルをタップで起動しましょう。


メニュー(メニューキーを押して表示)
・Load セーブしたデータを読み込めます
・Save ゲーム中、いつでもセーブすることができます
・Settings 画面の縦・横の表示やボタンの設定など様々な箇所が設定できます
・Fast forward 通常の倍速でプレイできます、settingsで設定
・Cheats 用意したチートファイルを適用できます
・その他 ゲームのリセット・終了、スクリーンショットもここから撮れます

スポンサーサイト

オーバーレイ対応のランチャーアプリDock4doridが楽しい

オーバーレイランチャーは現在様々な物がありますが
今回はmac風のランチャーDock4doridが中々よさげだったのでレポート。

Dock4droid(無料版)
Dock4Droid Unlock(有料版)

起動させるとまず設定画面が開きます、使用方法なんかはご丁寧に
チュートリアルを用意してくれてますので割愛します。

Runningにチェックを入れるとランチャーが開始されます。
サイズやドックの幅、位置などのカスタマイズが可能です、
またアプリの起動法も変更できます(タップして起動、指を放して起動など)
ちなみに無料版では起動したアプリが履歴のように表示される方式しか選択できません、残念。

device-2013-06-19-033442.png
右上にあるランチャーを引っ張ります。

device-2013-06-19-033459.png
このようにランチャーが表示されます、
オーバーレイですので他のアプリの起動中でも使用できます。

有料版で出来ること
このアプリには有料版(149円)があります、
有料版で出来ることをざっとまとめてみました。

・ランチャーのカラーを自由に変更
・ドックの波形の大きさ
・好きなアプリを何個でも設定しておくことが可能
・ブックマークや連絡先の登録
・アプリケーションの除外

無料版でも便利ではあるのですがやはり自由にアプリの設定が出来ないという点は痛いでしょうか、
また有料版でのカラー変更はホーム画面のデザインを重視する方は欲しい機能かと。
関連記事













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。