スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Android SDK導入手順

Androidアプリの開発やroot取得に必要なAndroid SDK環境の導入手順を解説します。

導入にはWindowsのPCが必要です。

まずjavaアプリの環境を用意します、既にjavaがインストールされているならば構いませんが
インストールされていないならばこちらから自分のPCに対応したものをDLしインストールしてください。

次にAndroid SDKをDLします。

DLは↓から
android-sdk_r(現在のver)-windows.zip

DLしたファイルを適当な場所に解凍します、
そのあと解凍したフォルダandroid-sdkの中のSDK manager.exeを起動。

自分のDLしたいもののチェックボックスを選択
(とりあえずはToolsGoogle USB Driver Packageを選択しておきましょう)

Install 2 packagesをクリックしAccept AllInstall
しばらくしてDone loading packagesと表示されたらインストール完了です。

最後にPATHを通します。
sdk1.png

まずはマイコンピュータのプロパティから詳細設定タブを開き環境変数をクリック、
システム環境変数の欄にPATHとあるので編集をクリックします。(なければ新規作成)

変数値にplatform-toolstoolsを参照するパスを記述します。

C:\android\android-sdk\tools;C:\android\android-sdk\platform-tools

これは私の場合ですがローカルディスク(Cドライブ)内のandroidフォルダの中のandroid-sdkフォルダ内の
toolsとplatform-toolsフォルダへのPATHが設定されていることになります。

フォルダ構成(例)
C:/android/android-sdk/platform-tools
C:/android/android-sdk/tools

2つ以上のPATHを繋げるときは;を区切りとして一ついれます。
また元々あった変数は変更及び消去しないようにしましょう、
自分は手違いで消えてしまったものの今のところ不具合はありませんが一応注意してください。

PATHが通せたらコマンドプロンプトから確認します、
コマンドプロンプトを開きadbと入力し文字列がズラズラと表示されたら成功していると思ってください。

これでAndroid SDK環境の設定は完了です。

関連記事
[ 2012/09/19 23:10 ] Android活用 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoimalu.blog91.fc2.com/tb.php/603-f71c5d03















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。