スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界最小のウェアラブルカメラ

memoto.jpg


今日のお昼って何食べたっけ?あの日に会った人の顔が思い出せない!
など日々流れゆく大量の情報が30秒ごとに撮影されていたらちょっと便利な気がしますよね。
感動的な瞬間に遭遇した時も、そうそういいタイミングでカメラを構えていたりしないものです。
そんな人生の一コマを残しておきたいと思う人に、おススメなデジタルカメラがMemoto(メモト)です。
スウェーデンの会社が開発を進めた縦横3.6cm、0.9cmの厚さの世界一小さなデジタルカメラは
カバンやシャツなどに取り付けると、自動的に30秒ごとに写真を撮ってくれるのです。

マイクロUSBポートで充電したり、写真を自分のノートパソコンなどにつなげれば
自動的にMemotoが提供しているウェブサービスへアップロードされるのです。
GPSも搭載されているので、位置情報とともに時系列で写真が整理されるので
後から見返したい時など便利でしょう。

本体にはボタンなどなく、ポケットに入れたり裏向きに伏せたりしないかぎりいつもオンの状態なのです。
フル充電で約2日は稼働可能なので、途中で充電がなくなってしまう心配も少ないのです。

このMemoto(メモト)という日本語らしい響きはスウェーデン語では「メモリーモーター」という言葉と関連しているそうで、
ラテン語では「メモリー・イヤー(耳)」とのこと。
日本語では「耳」ではなく「目」を指す言葉ということもMemotoのサイトでは言及されています。

現在のところ、キックスターター(Kickstarter)で更なる商品化を目指し出資を募っているので、
$199以上の出資をすれば初出荷製品(2013年2月予定)の1つとウェブサービス登録料も無料になります。
出資を募り始めてから5時間で最初の目標を達成し、1日で次の目標も達成という人気なので、
多くの人が購入できる日も遠くはなさそうですね。


関連記事
[ 2012/10/30 17:34 ] ゲスト記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoimalu.blog91.fc2.com/tb.php/626-6922c30c















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。